ダイバーシティとは

ダイバーシティ富士登山として過去6回富士登山を行ってきましたが、

「ダイバーシティ」という言葉の意味をみなさんご存知でしょうか?

 

「よくある横文字の言葉じゃないの?」

「名前は聞いた事あるけど、詳しくは知らない」

と思っている方もいるかもしれません。

ここでダイバーシティ富士登山における、

「ダイバーシティ」についてご説明したいと思います。

 

ダイバーシティとは、翻訳すると「多様性」という意味です。

日本ではまだそんなに浸透していない言葉かもしれませんね。

しかし海外では普通に意識されている言葉で、

30年以上前から経済社会の中で意識されている考え方とも言われています。

 

私たちは日本にいるとあまり感じることができないかもしれませんが、

国籍、性別、人種、宗教、障がいの有無、

はたまた年齢や職業の違い、学生からサラリーマン・経営者など、

様々なバックグラウンドを持った人々が存在します。

 

まずはその違いを尊重し受け入れ、その上でお互い助け合うことで、

社会のダイナミズムが生み出され大きな力となって、

世界のいろいろな問題の解決につながっていくと私たちは考えています。

 

ダイバーシティ富士登山では、

富士登山という過酷な環境下で、

様々なバックグラウンドを持った人たちと助け合いながら、

挑戦する気持ちを持って登頂を目指します。

 

普段の生活では接する機会のない方と接するいい機会となると思います。

ぜひダイバーシティ富士登山で何かを感じ取り、

そこで得た経験をご自身の職場や家庭に持ち帰って、

世界を広げてほしいと思います。