ダイバーシティ富士登山2017募集要項

 

【応募要件】

 

1. 持病、既往症がないこと

下記に記載する持病や既往症がある方は、
ご遠慮させていただきます。

高山病のリスクが高く、
富士登山中に体調を崩された場合、
適切な治療を受けるまで時間を要するなど、
安全面で不安があるためです。

  • うっ血性心不全
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎など)
  • 呼吸不全
  • 高血圧
  • 貧血
  • 糖尿病
  • 過去、心筋梗塞、脳梗塞を経験
  • その他、呼吸器系、循環器系の疾病など

 

2. 年齢が55歳以下の方

56歳以上の方に関しては、
高山病のリスクが高まるため、
ご参加をご遠慮させていただきます。

日本登山医学会の調査において、
56歳以上の方は55歳以下の方と比較した場合、
標高3,500mでは高山病になる可能性が、
高くなることが示唆されています。

もちろん、高山病は年齢だけでなく個体差がございますが、
プロジェクト全体の安全を考えて、上記判断をさせていただきました。

 
また20歳未満の方に関しては、
参加の際には、20歳未満の方は保護者の方の承諾書、
小学生以下の方は保護者の同伴が必須となります。

障害者の方のサポートをして頂くため、
通常登山以上の体力と臨機応変な判断と判断に伴う責任が求められます。

また子どもは高山病でみられる食欲不振や倦怠感などの症状を、
うまく話せない可能性があることがございますので、
上記判断をさせていただていております。

 

3. 説明会(7/8 東京)、当日(7/29,30)、振り返り会(8/19 東京)の全てに参加可能な方

ただし説明会・振り返り会については、
関東以外の居住の方はスカイプ、ビデオメッセージ可能です。

 

 

※障がいをお持ちの方に関しては、以下内容を必ずご一読ください。

 

○独立歩行が困難な場合

通常登山道を利用することもあり、
車椅子や杖を使わずに1日8時間以上の独立歩行が必要となります。

そのため車椅子や杖を利用されている参加希望者の方に対しては、
歩行状態を確認させて頂きます。

その際、1日8時間以上の独立歩行が困難と判断した場合には、
ご参加をご遠慮させて頂きます。

(※ただし、将来的に誰でも参加できる企画とするために、
 今年度は特別枠として車いす参加者が1名参加します)

 

○通院や服薬をされている場合

高山病や登山による疲労が、
障がいへ影響を及ぼす可能性があります。

担当の医師やかかりつけの病院にて、
事前に登山許可を書面にて頂いて下さい。
医師からの登山許可が無い場合には、
ご参加をご遠慮させて頂きます。

 

○精神障害者保健福祉手帳をお持ちの場合

幅広い方々が楽しまれている富士登山ですが、
登るうえでは一定の体力と怪我や高山病への対策が必要です。

睡眠薬などを利用される場合は高山病の可能性が高まります。
また体調を崩された場合、
適切な治療を受けるまで時間を要する場合がございます。

担当の医師やかかりつけの病院にて、
事前に登山許可を書面にて頂いて下さい。
医師からの登山許可が無い場合には、
ご参加をご遠慮させて頂きます。

 

○スタッフの指示の把握が困難な場合

体力を消耗し判断力も鈍る高所において安全を確保するためには、
スタッフの指示に従って頂く事が何よりも大切です。

愛の手帳・療育手帳をお持ちの方は、
ご利用の施設や支援機関の代表の方より、
書面にて登山許可を頂いて下さい。
書面による許可が無い場合には、
ご参加をご遠慮させて頂きます。

 

○定員制に関して

当プロジェクトでは定員50名の中で、
サポートが必要な障害をお持ちの方と
サポートメンバーの人数調整を行います。

障がいの有無に関わらず、
参加者の皆さまが安全にご参加頂けるよう、
障がいをお持ちの方に対する定員を設けさせて頂いております。

 
 

その他ご参加検討する際に関して気になる点がございましたら、
お気軽にご連絡ください。

MAIL: info@diversity-fuji.com

 

上記内容をご一読・ご確認していただいた上で参加申し込みをされる方は、
こちらをクリックしてください。

 

 

—————————————————–

 

Application of Diversity Fuji Tozan 2016

 

Requirement for all participants

 

1 Regular or past diseases

We are sorry to decline applicants with the following diseases.
 

Those diseases possibly cause not only altitude sick

but also the risk of lives if those get worse

under the insufficiency of medical treatment.

  • Congestive Heart Failure
  • Chronic Obstructive Pulmonary Disease(Pulmonary Emphysema, Chronic Bronchitis, etc)
  • Respiratory Insufficiency Syndrome
  • High Blood Pressure
  • Anemia
  • Diabetes Mellitus
  • Myocardial Infarction, Brain Infarction
  • and other respiratory or circulatory diseases

 

2. Age restriction under 55

We are sorry to decline applicants over 56

because of higher risk for altitude sick.
 

The survey of Japanese Society of Mountain Medicines shows

that people over 56 have a higher risk for altitude sick

at 3,500 meters above than people under 56.
 

Obviously possibility of altitude sick varies between individuals,

but we are sorry to decline participation for safety of all participants.

 
 

Participants under 19 must submit a consent written by guardian

and participants under 12 must be accompanied by guardian for participants under 13.
 

Climbing with supporting disabled participants needs much vitality,

sense and responsibility.
 

Children may be not capable of telling the condition of altitude sick

such as loss of appetence and weariness.

 
 

3 Participants need to join Guidance(July 10 Tokyo), Ascent(July 30-31 2 days) and After Party(August 20 Tokyo)

Participants resident faraway from Kanto

are ok to use skype and message on video.

 

 

※Disabled applicants should read as follows.

 

○Difficulties in walking

We check condition of participants

who dairy use wheelchair or stick.
 

If we find that you have difficulties

in walking by yourself over 8 hours a day,

we are sorry to decline participation.

 

※Exception

One wheelchair user participates to make

this project barrier free for the next time.

 
 

○Medical treatment

Ask for permission paper to doctor before ascent.

Altitude sick and fatigue of ascent may jeopardize your condition.

We are sorry to decline participation without permission by doctor.

 

○Mental Disorders Certificate

Many people including those with

mental disorders enjoy climbing Mt. Fuji,

however vitality and safety measures are indispensable.
 

If you have sleeping pills,

it causes not only higher risk for altitude sick

but also the risk of your condition

if you get worse under the insufficiency of medical treatment.
 

Ask for permission paper to doctor before ascent.

We are sorry to decline participation without permission by doctor.

 
 

○Difficulties in comprehension

Obey staff instruction is the most important for safety ascent.
 

If you have intellectual handicap certificate,

ask for permission paper to welfare facility and group.

We are sorry to decline participation

without permission by welfare facility and group.

 
 

○Fixed number

We fix participants 50 and quota for participants

who need support and participants who support the disabled.

The number of physical, intellectual and mental disabled participants

is limited for the safety of all participants.

 

 

If any question, please contact us :

MAIL: info@diversity-fuji.com

 

Please click here to entry.