オススメ登山用品店!!〜神保町編〜

 

こんにちは!!WEB担当の吉川です!

今日はまだ涼しかったですね!

 

先日事前説明会があり、その中で持ち物説明をさせていただきました!

(説明会についてはこちらからどうぞ!)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それを聞いていた皆さんの中には、

「持ち物はわかったけど、どこで買ったらいいの??」

「オススメのお店とかないの??」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方のために、今回オススメ登山用品店を紹介します!

今回紹介するエリアは神保町!(正確には神田小川町ですが・・・)

神保町は古書(とカレー)の街で有名ですが、

実はスポーツ用品のお店も多いんです!

jinbocho2

 

今度行う買い物ツアーに行くお店もあるので、

是非事前にチェックしてみてくださいね!

 

もちろん今回のダイバーシティ富士登山には参加されない方にも、

興味を持っていただけると(勝手に)思っていますので、

是非登山を始めてみようという方は読んでみてくださいね!

 

今回紹介するお店はこちら!

  1. ロンドンスポーツ 神田店
  2. Victoria 本店(L-Breath 御茶ノ水店)
  3. ニッピン神田店

 

では早速紹介しちゃいます!!

 

1.ロンドンスポーツ 神田店

 

londonsports

まずはここから!!

ロンドンスポーツ神田店です。

 

こちら2階建てで、1階がTシャツや肌着など、

2階でザックやウェア、シューズなどが売られています!

 

ロンドンスポーツさんは写真からでも

おわかりの通り、とても安いんです!!

 

定価からの割引は当たり前で、

私のイメージではだいたい、

他店よりも30%〜50%くらい安い印象です。

(噂では90%オフの商品もあるとか・・・)

 

かくいう私吉川も3年前、

靴やザック、ウィンドブレーカーなど、

ほとんどの用品をここで購入しました!

今だに愛用しています!!

 

「とにかく安く済ませたい!」という方は、

こちらでの購入をお勧めします!

もちろん買い物ツアー当日はこちら行きますよ〜

(なお神保町の他にも、上野や御徒町、五反田にも店舗があるらしいです)

 

 

2.Victoria 本店

victoria

次に紹介するのは、Victoria 本店!!

こちらはご存知の方も多いのでは?

 

こちらでは1階と2階が主に登山用品が販売されており、

店内はとても広々としています!

じっくり選びたい方、

店員さんにしっかり聞いて選びたいという方は、

こちらはかなりオススメです!

 

またお近くに系列店のL-Breath 御茶ノ水店もあり、

そちらは完全にアウトドア専門店です!!

lbreath

1階から6階まで全てアウトドア用品で、

ウェアはメンズ・レディース用で階が分かれているのが特徴です!

もちろんこちらでも親切に店員さんが教えてくれますよ(^ ^)

 

Victoria、L-Breathの2店舗に回れば揃わないものはないでしょう!

こちらも本店の方を中心に買い物ツアーでは周りますよ〜

 

 

3.ニッピン神田店

最後に紹介するのは、ニッピンというお店です!!

nippin

ここもロンドンスポーツさん同様2階建てになっていて、

1階が主にザック中心に置いてあり、

2階がシューズやウェアが中心に置いています。

 

Victoriaさんに比べるとやや品揃えが薄いのですが、

アウトレット商品などが置いてあり、

その分お安く買うことができます!

 

「なかなか予算内に収まらないなあ」という方は、

こちらのお店も見たらいかがでしょうか??

 

 

というわけで、以上オススメ店舗でした!!

もちろん他にもたくさん登山用品店がありますので、

是非この3連休で神保町を歩いてみては、

いかがでしょうか??

 

では本日は以上となります。また次回!

 

え、他のエリアはいつ書くんだって??

そ、それは、、また今度で!!

ではこれにて失礼します・・・

 

富士登山の下見に行ってきました!!〜後編〜

 

みなさん、こんばんは。

WEB担当の吉川です!!

 

先週に行った下見の続きを報告したいと思います!!

(報告が遅くなってしまってすいません・・・)

前回の投稿はこちらからご覧いただけます!!

 

 

長屋さんチームが帰っていく中、

実行委員長の澤井さんとリスク担当のワタルさん、

そして私吉川の3人で頂上まで向かっていきました!!

 

20160702_6135

 

富士登山当日は12時頃に五合目を出発いたしますが、

下見の時は長屋さんテストもあり、午後2時頃出発です。

 

先週は東京はすごく暑かったとのことですが、

須走口5合目はすでに標高2000mほどあり、

(おそらくですが)東京に比べてだいぶ涼しかったです!!

 

とは言っても坂道をどんどん登っていくというのは、

それだけでツラい・・・

もう途中でヘロヘロになっていました。(主に私が・・・)

 

いやあ、年々体力の衰えを感じてしまいます。

当日までに鍛えておかないと、と思わされました。

 

そうこうしている間に、六合目、本六合目、七合目へと進んでいきます。

もちろん大変な部分もありますが、

上に上がるにつれて涼しくなっていき、過ごしやすい気候になっていきます!

 

そして何より地上に見える景色がとても綺麗!!

20160702_5035

この景色を見るだけで疲れも癒されますよ!!

 

ただそれでもやはり疲労というのはどんどん溜まっていきます。

ただ「こういう時こそ頑張らないと」と思って気力を絞り、

とにかく前を向いて歩いていきます。

 

そんな中すごく元気なのがリスク担当のワタルさん。

20160702_7996

さすが体年齢は中学生!!(見た目はおっさんだけど・・・)

頼りになりますね!!

 

そうこうしていくうちに、

本七合目へ到着!!

 

20160702_1369

 

下見の日はまだ宿が空いていなかったのですが、

本番はこの「見晴館」という宿で夜まで休みます。

ここで食べる晩ご飯は美味しいですよ!!

 

下見はさらにその先にある本八合目で休みました。

(本番でももちろんここを通って、小休憩します)

20160702_8872

S__18808923

 

ここで仮眠をとった後、

ご来光を目指して夜中出発!!

 

20160702_3799

 

夜中の装備はこんな感じです。

(寒い時は、夕方でもこんな格好をしています)

 

「真夏にこんな格好??」と思う方もいるかもですが、

それくらい寒いです。

体感温度は0℃以下になることもあるそうです。

 

本八合目あたりから他の登山道の方も合流され、

かなり大渋滞となります。

 

まだ山開きして間もない先週でもかなり混んでいたので、

当日はかなりの混雑が見込まれ、止まってしまうことも多々有ります。

 

そんな時にただ止まってしまうと寒さですぐ体が動かなくなりますので、

本番はストレッチ等しながら体を冷やさないようにしましょうね!!

 

なんだかんだで八合五尺、九合目と進んで行き、

午前4時半頃についに登頂しました!!

 

 

 

え、写真ないの??

 

いや写真はあります。

ちゃんとご来光も撮影しました。

 

でもここではあげません笑

なぜか??

 

それはもちろん、

みなさんに直接その目で見ていただきたいからです!!

ぜひ当日は写真では感じれない感動を体験しましょう!!

 

あ、元気なワタルさんの写真はあったので、

それだけはあげております笑

20160702_9754

さすがのワタルさんも寒そうですね。

 

 

この後は下山です。

もちろん下山の際も色々あるにはありましたが、

ここまでで大分ブログが長くなったので、こちらも割愛します。。

 

20160702_4801

 

あっという間に五合目に戻ってきました。

帰ってきた際の東京の暑さは尋常ではなかった・・・

 

というわけで下見リポートは以上になります!!

この富士登山下見では色々と発見があった2日間でした。

一番感じたのは吉川の体力のなさというのは内緒・・・

本番も最高の状態で登りたいです!!

 

 

 

さて、明日はいよいよ富士登山事前説明会!!

みなさんにぜひ色々感じて帰っていただきたいと思います!!

明日お会いできるのを楽しみにしています!!

 

 

 

 

 

富士登山の下見に行ってきました!!〜前編〜

 

みなさんこんにちは。

WEB担当の吉川です!!

 

 

最近かなり暑くなってきましたね・・・

先週日曜日は暑くて家の中がやばかったです。。

 

さて、先週末運営委員で富士登山下見に行ってきました!!

今日はその報告を行いたいと思います!!

 

まず朝7時10分に新宿駅集合です。

本番は7時30分東京駅近く集合予定で考えています。

朝はかなり早いので、前日はしっかり寝ましょうね!

 

20160702_4767

新宿駅にてまずは気合の1枚。

このお二人が誰だか、もうお分かりですよね??

 

それではスタート。

本番はバスで移動しますが、

下見は人数が少ないのでレンタカーで移動です。

 

20160702_3013

だんだん富士山がうっすら見えてきました。

車で大体3時間程度で須走口五合目に着きます。

 

 

そうこうしているうちに須走口五合目に到着!!

まずは長屋さんチームで車椅子登山の検証です。

 

20160702_5665

 

命にかかわることでもあるのでみんな真剣です。

今までも何度か試乗会等を重ねてきましたが、

実際に富士登山での車椅子試乗は今回初です。

 

20160702_2237_Fotor

写真では分かりづらいかもですが、

結構厳しい道が続いています。

 

しかし弱音を言っても始まりません!!

早速試乗スタートです。

 

20160702_908

 

後ろから押しているようにも見えますが、

実は支えているだけで、

長屋さんの力+電動アシストでほとんど登っていっています。

 

20160702_6796

別の車椅子でも挑戦します。

いろいろ試して何が一番しっくりくるか、

車いすの企業の方としっかり検討・修正していきます!!

 

20160702_1221

20160702_3243

 

2時間ほど検証を続けて当日は終了です。

何かしら見えてきた部分もありました。

 

20160702_2797

終わった後は皆でお昼ごはん。

汗書いた後なので格別です。

 

20160702_3781

最後はご協力いただいた企業の方とも交えて、

全員で集合写真です。

皆やりきった顔になっています!!

 

・・・いややりきってはいないですね。。

長屋さんと企業の方とはここでお別れし、

この後は運営委員の3人は本格的に登っていきました。

 

20160702_6135

 

その話はまた明日行います!!

次回をお楽しみに!!

 

 

高山病予防について 〜知っておきたい富士登山の知識 高山病編vol.2〜

 

 

皆さんこんにちは!!

前回、高山病について投稿した、

老け顔委員?の村上です(^^)

 

今回は前回に引き続き

高山病対策についてお話しさせて頂きます。

前回の記事をまだ読んでいない方は、

先に「高山病とは?」をご一読ください!!

 
前回もお話しさせて頂きましたが、

高山病は年齢、性別、人種に関係なく罹る可能性があります。

体力に自身のある方も、これから紹介する対策を

確認していただき楽しい富士登山にしていきましょう!

 

 

●高所に慣れる

 

今回の富士登山では登山開始直前に、

五合目に到着後1時間程度5合目で過ごします。

これは、体を低酸素な高所に慣れさせる為です。

 

5合目といっても、すでに標高2000mです。

バスの移動ではあまり意識しませんが、

高度が急激に上がっています。

人によっては2000mからでも高山病の症状がでてしまいます。

 

高山病の対策としてまず5合目に着いたら、

周辺を歩いたりストレッチや深呼吸をしながらゆっくり過ごしましょう。

これだけでも高山病に罹るリスクはかなり抑えられると思います。

5合目では、全体で準備運動も行いますので、

しっかりと準備運動をして登山に備えてください。

 

warm-up

 

 

●ゆっくり歩く

 

登山開始直後は皆さん体力が有り余っていたり、

富士山に来たことでテンションが上がってしまい、

ハイペースになりがちですがそれは絶対にダメです!

高所では体が疲労してしまうことそれ自体も、

高山病を招き寄せてしまいます。

 

意識してゆっくり登ることでなるべく体に負担を与えず、

しっかりと体が酸素を補給できる状態にしましょう。

 

 

●水分、酸素をしっかり補給すること

 

水分を取らないでいると、

血液の粘度が上がり(ドロドロになる)、

酸素の運びが悪くなります。

水分をこまめに補給することで、

血液により運ばれる酸素が効率よく全身に行き渡ります。

 

「喉乾いてないし後ででいいかなー」………はダメ、絶対!

登山中や休憩中、立ち止まった瞬間など、

タイミング問わずこまめに補給しましょう。

 

また、深呼吸も忘れてはいけません。

富士山は酸素濃度が薄いので、

呼吸回数と呼吸の深さでカバーします。

無意識による浅い呼吸ではなく、

意識的に深呼吸(腹式呼吸による)することが大切です。

常に意識しましょう。

 

 

●山小屋も油断大敵

 

山小屋での過ごし方も重要です。

就寝前は深呼吸とストレッチを行い、

水分や酸素飴等を摂取し、

起床後もすぐに登り始めるのではなく、

ゆっくりとストレッチと深呼吸をしましょう。

 

山小屋で人が多い場合は、

空気が薄く息苦しい場合があります。

そんな時は、山小屋の外に出て深呼吸するのも有効です。

眠りにつくと呼吸が浅くなるので、

玄関付近で座って休憩をとるのもオススメです。

 

また、山小屋にはお酒も販売しているので飲むことができます。

しかしアルコールは呼吸を抑制し、

十分な酸素を摂取できなくなります。

高山病のきっかけ、悪化につながるので

なるべく控えましょう。

 

 

…いかがでしたか?(^^♪
 

高所になれる・ゆっくり歩く・水分、酸素補給をしっかり行う
 

以上のことを意識して富士登山に挑めば、

高山病に罹るリスクは大幅に下げられると思います。

 

しかし、前回も言いましたが高山病の100%予防は不可能です。

ですので、次回は高山病になってしまった場合の

対処法についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

それでは~高山病編vol.3~でまたお会いしましょう。(^^)

次回もよろしくお願いいします!

 

 

高山病とは? 〜知っておきたい富士登山の知識 高山病編vol.1〜

 

こんにちは!

富士登山の知識準備編を担当させていただく村上です(^ ^)

暑い日が続いておりますが皆さんは、

いかがお過ごしでしょうか。

 

私は毎日外回りが続いており、とろけてしまいそうな勢いです(笑)

5月でこの気温じゃあ、7月とか8月は、、、

考えたくもありませんね…(^▽^;)

皆さんも熱中症には十分気を付けてください!

 

早速ですが、皆さんの中には富士登山初挑戦の方も多くいると思います。

私は今回で5回目になるのですが、

初めて富士山に挑戦するときは不安なことがたくさんありました。

 

持ち物は何を持っていけばいいの?

予算はいくらくらいなの?

山の天気って本当によく変わるの?

体調管理ってどうすればいいの?

他にもたくさん気になることはあると思います。

 

そういった疑問や不安について、

こちらで一つずつ書いていきたいと思います!

 

今日はまず誰もが一度は聞いたことがあるであろう、

高山病についてお話しさせて頂きます。

 

 

●そもそも、高山病ってなんなの?

 

富士山などの高地では気圧が下がり、

大気中の酸素濃度が低下していきます。

そういった低酸素状態に置かれたときに発生する症候群を

「低酸素症」もしくは「高山病」と言います。

 

高山病は一般的に言われる「病気」ではなく、

低酸素状態に対応しようとする体の変化で、

誰にでも起こりえる事です。

 

発症の具合は人種、年齢、性別、山の経験などに関係なく発症します。

つまり普段から運動している、

20代男性で体力に自信がある、

何回も山に登っている、

こういった方でも高山病に罹る可能性はあるということです。

 

mattyan_add

 

 

●高山病ってどんな症状?

高山病にかかるとさまざまな症状が現れます。

主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気(めまい)、顔や手足のむくみ等です。

お酒を嗜む人ならわかると思いますが、

二日酔いに似た症状だと思っていただくとわかりやすいかもしれません。(笑)

 

 

●じゃあ高山病にならない為にはどうすればいいの?

高山病の100%予防は不可能です。

しかし、高山病になりにくくすることはできます。

高山病になりにくくする対策をしっかりととり、安全安心な富士登山にしましょう!!(^^)

 

高山病対策については次回、

~高山病についてその2~

でお話しさせて頂きたいと思います。

それでは次回もよろしくお願いします!