ダイバーシティ富士登山×長屋宏和 ~車椅子富士山登頂プロジェクト~

【プロジェクト概要】

長屋宏和さんの車いすを使用しての富士山登頂をサポートします。

TEAM挑戦では「全ての人が挑戦できる社会」を目指すダイバーシティ富士登山の一環として、車椅子ユーザーの登山の障壁を無くしていきたいと考えています。私たちは全ての人には挑戦する権利があると考えています。そして、全ての人が自分の信念に基づいた挑戦をすることで世界はより良いものになっていくと信じています。

本プロジェクトは、車椅子ユーザーの長屋さんから富士山登頂に挑戦したいという思いを聞き、その思いに応えるべく始動しました。

目標:2020年までに車椅子を使用して富士山登頂!

方法:「YAMAHA株式会社様×ミキ株式会社様×TEAM挑戦」にて車椅子を富士山登山用に特別に改造し、富士山登頂に挑みます。

【長屋宏和さん紹介】

  • 1979年12月31日 生まれ
  • 14歳からレースを始め、1999年フランスレーシングスクール『ラ・フィリエール』に入校。
  • 2000年、2001年フォーミュラードリームに参戦。シリーズ3位を獲得。
  • 2002年 F3参戦 将来のF1レーサーを嘱望される 同年1013日 F1日本GP前座レースにて大クラッシュ車いすユーザーに
  • 2004年 F1世界チャンピオンの夢をあきらめずに不可能と言われたレースに復帰
  • 2005年 車いすファッションブランド ピローレーシングを立ち上げる
  • 2013年 人間力大賞グランプリ受賞、内閣総理大臣奨励賞受賞
  • 2016年 車いすでの富士登山に向けて始動

長屋宏和さんwebサイトはこちら

【グラウンドファンディングのお願い】

登頂のためには既存の車椅子ではなく、登山用の車椅子を購入・改造する必要があります。登山用の車椅子の購入・改造費用(約25万円)をグランドファンディングで集めています。長屋氏とTEAM挑戦で、ともに富士登頂を達成し、皆様に勇気を与えることともに、全世界の車椅子ユーザーの可能性を広げることを約束します。

出資は1口:1000円で以下の選択肢があります。

1口:特製クリアファイルor特製ステッカー

2口:特製クリアファイルand特製ステッカー

5口:特製クリアファイルand特製ステッカーand特製キャップ

ステッカー            クリアファイル          キャップ

※本グラウンドファンディングで集めたお金は、車椅子購入・改造費用、グッズ作成費用、グラウンドファンディング運営費として使用させていただきます。なお、余剰金はダイバーシティ富士登山にて使用させていただきます。(グラウンドファンディング終了後に本HPにて結果をお伝えします)

グラウンドファンディングとは・・・・

「ダイバーシティ富士登山」における、車椅子による富士山登頂プロジェクトでは、世界初のグラウンドファンディングによる資金集めを実施します

グラウンドファンディングでは人に直接会い、直接説明し、共感してくれた人から出資を募ります。TEAM挑戦は我々の想いを直接伝えてこそ、人は動くと考えています。その中で思い・意義に共感して、一緒に挑戦していく人を求めています。

クラウドファンディングとの大きな違いはその点です。インターネットを通じて、できるだけ多くの出資者を募るのがクラウドファンディングです。私たちは不特定多数の人に呼びかけるのではなく、直接会って、信頼関係が生まれた人と協力体制を作り、目標を達成していきます。

グラウンドファンディング詳細

 

第1回 グラウンドファンディングの結果

出資人数:30人

出資金額:122,000円

繝輔ぃ繝ウ繝・y繧」繝ウ繧ッ繧吝・逵・IMG_0138

ファンディング説明風景